「X線ステレオ方式」3次元X線自動検査装置 FX-300tRX2

■X線ステレオ方式を採用(アイビット独自技術)
■幾何学倍率:1000倍
■X線広角照射で斜め撮影可能
■BGA自動検査機能(OP)

コンパクトな装置でありながら拡大率1000倍を達成したX線装置

[X線ステレオ方式]+断層撮影機能


特 徴

①コンパクトな小型X線装置でありながら、幾何学倍率1000倍を達成

②アイビット独自の『X線ステレオ方式』で裏面情報キャンセル

③フラットパネルが60°傾斜して観察可能、斜め観察でも倍率が下がらない

④斜めからの観察には観察位置を自動追従(カメラ傾斜してもポイントがずれない)

⑤各種測定機能付き

⑥オプションで検査機能追加可能

⑦ターゲット~試料0.5mm、ターゲット~X線カメラ500mm:500/0.5=1000、幾何学倍率1000倍を達成

「X線ステレオ方式」は、株式会社アイビットの登録商標です。

仕様一覧

型式 FX-300tRX2
X線管種類 マイクロフォーカス密閉型源(密閉型)
X線ターゲット位置 透過型ターゲット(開放管と同じ方式)
X線管電圧、管電流 30~90kV、0~60μA
X線管焦点径 5μm
ターゲット回転機構 500h毎にターゲット回転、メッセージ出力
検査トレイサイズ 330×250mm
X-Y軸ストローク X軸:330mm,Y軸:250mm
Z1軸ストローク Z1(X線カメラ上下):150~500mm
Z2軸ストローク Z2(X線管上下):0~140mm
Q軸ストローク Q軸(X線カメラ傾斜):0~60°
幾何学倍率 幾何学倍率:1000倍
X線源-サンプル距離= 0.5mmX
X線現-受光部距離=500mm、500/0.5=1000倍
モニタ表示倍率
 ※)他社密閉管の表示倍率と
 同等に記述した場合
モニタ表示倍率:6000倍
X線受光部センサ寸法=50×50mm
24インチモニタ表示エリア寸法= 300×300mm
画像表示寸法/X線受光部= 300 / 50 =6倍
幾何学倍率×表示拡大率= 1000×6= 6000倍
X線画像分解能 130万画素、1180×1080pixel,14bit(16,384階調)
CCDカメラ部種類 カラーCCDカメラ(ワーク撮影用)
表示ディスプレイ 24インチLCD
エアー供給
電源 単相AC200V,1.5KVA
装置寸法 1.3(w)×1.1(d)×1.45(h)m
装置重量 900kg

「新機能」チップカウント機能

オプション機能でチップ数のカウントも可能となりました
X線装置にセットして約30秒程度で、テープ内のチップ数を勘定します

FX-300tR撮影画像01

X線検査トレイに専用ジグをセット

FX-300tR撮影画像01

操作方法
1)ジグの中心の棒にリールをセットします
2)セットできるリールは直径φ250mmまで
3)チップカウンターのメニュー画面から品種を選択
4)QRコードを読み取り
5)「実行」ボタン
6)30秒ほどでカウント終了
7)数量はCSVファイルに出力される

カウント可能な部品種類

FX-300tR撮影画像01

Mini:0603チップ~
Max:約10×10mm程度に異型部品まで

実解像度5μmを達成

FX-300tR撮影画像01

「X線ステレオ方式」による実装基板の裏面キャンセル機能

FX-300tR撮影画像01

『X線ステレオ方式』により、BGA面とチップ面を切り分けて自動検査

BGA裏面のチップ部品等は、従来の透過方式ではノイズ成分となり正しい検査が困難でした。このたびI-BITが開発したFX-300tRXは、独自の「X線ステレオ方式」を用いる事で、BGA、LGA、QFN等、はんだ接合部を直視出来ない部品や両面実装基板の検査を可能になりました。従来のX線CT方式と異なり、断層画像を必要としないため高速検査が可能です。

「X線ステレオ方式」は、株式会社アイビットの登録商標です。

幾何学倍率1000倍を達成

●従来型(FX-300tR)の高倍率がさらに向上しました。
●従来機X線観察/不良解析モードはそのままに自動検査が付加されました。

FX-300tRの機能はそのままに機能向上

FX-300tR撮影画像01
FX-300tR撮影画像02
地図アイコン
株式会社 アイビット I-Bit Co., Ltd.
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP東棟6F
TEL:044-829-0067  FAX:044-829-1055