大型基板対応X線観察装置 FX-300tRLL

■幾何学倍率:1000倍
■X線出力:20-90kV
■X線焦点径:5、15μm
■X線ステレオ方式 で、裏面の実装部品の影響を
 除去(オプション)

基板サイズ600×600mmまで対応可能なX線観察装置

概 要

■大型基板対応のX線観察装置です。

■検査対象の見えない部分をX線透過しリアルタイムでX線観察が可能になります。

■大型プリント配線板、大型実装基板などの観察に最適です。

特 徴

①基板サイズ600×600mmの全面をカバー

②幾何学倍率1000倍を達成

③X線カメラは0~60°まで任意角度に傾斜可能

④タッチパネルとJOYスティックで操作性向上

⑤スライドドアーで大きなサンプルも楽々セット

⑥X、Y、Z1(カメラ)、Z2(X線)、Q軸(傾斜)の5軸操作

⑦X線ステレオ方式 で、裏面の実装部品を除去して観察可能(オプション)

⑧ターンテーブルは、□400×400mmの基板まで対応可能(オプション)

⑨ビデオプリンタでX線画像を高画質印刷可能(A6サイズで2秒で印字)(オプション)

仕様一覧

型式 FX-300tRLL
X線管種類 マイクロフォーカス密閉源(密閉型)
ターゲット位置 透過型ターゲット
X線管電圧 20 - 90kV
X線焦点径 5、 15μm(メニューで選択)
ターゲット回転機 500h毎にターゲット回転、 メッセージ出力
検査領域 600×600mm
X-Y軸ストローク X軸 : 600mm, Y軸 : 600mm
Z1軸ストローク Z1(X線カメラ上下) : 100~500mm
Z2軸ストローク Z2(X線管上下) : 0~140mm
Q軸ストローク Q軸(X線カメラ傾斜) : 0~60°
幾何学倍率 1000倍 X線源 - サンプル距離=0.5mm X線現 - 受光部距離=500mm
500/0.5=1,000倍
モニタ倍率 2500倍 24インチモニタ使用時(オプション)
X線受光部 X線フラットパネル
X線画像分解能 1050×1050pixel, 12bit(4,096階調)
CCDカメラ部種類 カラーCCDカメラ(ワーク撮影用)
X線ステレオ差分方式 オプションにて設定可能
表示ディスプレイ 20インチLCD
操作パネル JOYスティック、 タッチパネル標準設置
エアー供給
電源 単相AC100V, 1.5KVA
装置寸法 1810(W)×1650(D)×1410(H)
装置重量 1650kg
X線漏洩線量 0.5μSv/h以下

タッチパネルとJOYステックを搭載し、抜群の操作性を実現

X 線ステレオ画像差分方式撮影画像

オプションの「X線ステレオ方式」

X 線ステレオ画像差分方式撮影画像

「X線ステレオ方式」により、BGA面とチップ面が切り分けできます。

新方式X線ステレオ方式 <特許出願中>

X線ステレオ画像差分方式構造

ステレオ視することでAとBを分離することができる I-BIT独自の「X線ステレオ方式 」

「X線ステレオ方式」は株式会社アイビットの登録商標です

地図アイコン
株式会社 アイビット I-Bit Co., Ltd.
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP東棟6F
TEL:044-829-0067  FAX:044-829-1055