エックス線(X線)の歴史

エックス線(X線)の歴史

(1)レントゲン博士によって発見
エックス線(X線)は1895年10月南ドイツのレントゲン博士によって発見されました。(ウィルヘルム・コンラッド・レントゲン,1845−1923)

レントゲン博士は陰極線(電子線)の研究を行っていたところ、放電管から少し離れたスクリーンが光っていることを発見しました。さらに放電管とスクリーンの間に物体を入れるとスクリーンに物体の影が写ることがわかりました。これがX線の発見です。

(2)ノーベル物理学賞受賞この発見により1901年の第一回ノーベル物理学賞がレントゲン博士に授与されました。

レントゲン博士はノーベル賞以外の全ての賞を断り、X線に関する一切の特許を取得しませんでした。博士はエックス線が人類のために広く利用されることを望みました。

イメージ出展元: ヴュルツブルク大学 http://www.fh-wuerzburg.de/roentgen/

ヴュルツブルク大学ではレントゲン博士の偉大な功績が保存されています。

エックス線(X線)の応用

エックス線の性質を応用した各種装置

・医療用エックスX線透過装置
 胸部エックス線写真、歯科エックス線写真など

・医療用エックス線CT(Computer Tomogram)装置
 断層エックス線写真(脳の断層撮影など)

・工業用エックス線透過装置
 非破壊検査(構造物、溶接部など物質内部の観察)

・工業用エックス線CT装置
 断層非破壊検査(断層撮影による観察)

・X線回折装置
 物質の結晶構造の解析

・X線分光装置(蛍光X線分析装置)
 物質の構成元素の分析

地図アイコン
株式会社 アイビット I-Bit Co., Ltd.
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP東棟6F
TEL:044-829-0067  FAX:044-829-1055