実装基板検査・実装基板検査用X線装置

01

実装基板検査用X線装置 オフライン型FX-300tR/コンパクトな装置でありながら幾何学倍率900倍を達成したX線装置

管電圧90kV・焦点径5μm・幾何学倍率900倍
FX-300tR(オフライン型)

コンパクトでありながら、幾何学倍率900倍を達成したコストパフォーマンス高いX線装置

■コンパクトな小型X線装置でありながら幾何学倍率900倍を達成

■良品画像を登録しておいて現画像と比較観察が可能

■フラットパネルが60°傾斜して観察可能

■斜めからの観察には観察位置を自動追従(カメラ傾斜してもポイントがずれない)

■各種測定機能付き

■オプションで検査機能追加可能

■オプションでCT機能とLサイズ対応可能

■ターゲット~試料0.5mm、ターゲット~X線カメラ450mm:450/0.5=900、幾何学倍率900倍を達成

■Lサイズ装置は、600×600mmの基板に対応

型式 FX-300tR FX-300tRL
X線管種類 マイクロフォーカス、密閉型、透過式ターゲット
X線管電圧 20~90kV
X線管焦点径
X線管受像部 110万画素フラットパネル
ワーク寸法 330×250mm 600×600mm
X線カメラ軸傾斜角度(θ) 0~60°
マニープレータ回転角度(θ) 360°CW、CCW
観察ポイント自動追従機能 カメラ傾斜しても観察ポイントを自動追従可能
モニタ 20インチLCD
供給電源 単相 AC100V 1.5KVA
X線漏洩線量 1μSv/h 以下
装置寸法 1000(W)×880(D)×1350(H)mm 1320(W)×1255(D)×1280(H)mm
装置重量 600Kg 800Kg
オプション マニプレータ、回転テーブル、パソコンデスク、垂直CT機能
02

実装基板検査用X線装置 FX-300tRの特徴

1.幾何学倍率(拡大率):1.5倍〜900倍 開放型X線と同じ透過式ターゲット採用 モニター倍率:1500倍

2.カメラを傾斜しても倍率下がらない

3. X、Y、Z1、Z2、θ軸の5軸でプログラミング移動可能(この価格帯で5軸制御はFX‐300tRのみ)

4.良品画像を登録、プログラミング移動時に表示

5.自動検査機能(オプション)

6.X線ステレオ画像差分方式による裏面画像除去

03

BGAの不良箇所のX線検査について

実装基板検査画像03

◯印の部分が未接続部分を斜めから観察

04

X線管をサンプルに密着、カメラを傾斜してBGAの接合状況を観察

実装基板検査イラスト04
05

実装基板検査用X線装置 FX‐300tRではX線管を密着させてカメラを傾斜させての撮影が可能

実装基板検査05

開放型X線と同じ透過式ターゲット採用

06

未接続・不良部を100倍で拡大撮影(実装基板検査用X線装置)

実装基板検査画像06

20~900倍まで任意に拡大

07

未接続・不良部を800倍で拡大撮影(実装基板検査用X線装置)

実装基板検査画像07

密閉管90kVクラスでは最大の倍率を誇る

08

参考資料他社方式1

実装基板検査08

X線管を傾けることでX線と対象物の距離が離れて、倍率が下がる

09

参考資料他社方式2

実装基板検査09

X線管とカメラを60度傾斜した場合→倍率は下がる→倍率が低いと不良箇所が不明

10

参考資料他社方式3

実装基板検査10

基板を傾けることでX線と対象物の距離が離れて、倍率が下がる=使い物にならない

11

参考資料他社方式4

実装基板検査11

大きい基板を傾斜させると倍率はさらに低下する

12

BGAのクラックについて

実装基板検査画像12

携帯電話のBGAにクラック発生

13

幾何学倍率800倍で観察したBGAクラック

実装基板検査画像13

密閉管90kVクラスでBGAのクラックが見えるのはFX-300tRのみ

14

スルーホールのコネクタ部をX線観察

実装基板検査画像14

赤枠部と青枠部のスルーホールのはんだ上がりが少ない
(次ページ以降に斜めからX線観察した画像を添付)

15

カメラを傾斜して観察(実装基板検査用X線装置)

実装基板検査画像15

赤枠部は、はんだ上がりが1/2程度

16

はんだ上がり1/2(実装基板検査用X線装置)

実装基板検査画像16

斜めから見たはんだ上がりの状況

17

はんだ上がり2/3(実装基板検査用X線装置)

実装基板検査画像17

斜めから見たはんだ上がりの状況

18

はんだ上がり100%(実装基板検査用X線装置)

実装基板検査画像18

斜めから見たはんだ上がりの状況

19

X線画像自動検査システム i-box

実装基板検査19
20

i-boxで自動検査

実装基板検査20
21

もうX線では裏見っこなし!

実装基板検査21

i-BIT独自の【X線ステレオ方式】で「あっ」と言う間に裏面情報が消えます

22

i-BIT独自のX線ステレオ方式

撮影位置を変えて、ステレオ視することによって基板の上下面の情報がズレて写ります。このズレ量を元にして裏面の情報を消します。
実装基板検査22

i-BIT独自の【X線ステレオ方式】で「あっ」と言う間に裏面情報が消えます

23

i-BIT独自のX線ステレオ方式で裏面情報の削除

裏面情報の削除とは?「裏面のチップのみ消えます」→「裏面のチップ部品は消え、同一面のブリッジは残る
実装基板検査画像23

※注)X線ステレオ方式はI‐BIT独自の方式です

本資料の著作権はI-BITに帰属します。
全部および一部の複写、複製による配布、回覧はご遠慮ください。
製品、内容についてのご質問がありましたら下記まで連絡ください。

株式会社アイビット
〒213-0012
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1かながわサイエンスパーク(KSP)東棟6F
URL: www.i-bit.co.jp E-mail : info@i-bit.co.jp
TEL 044-829-0067 FAX 044-829-1055
地図アイコン
株式会社 アイビット I-Bit Co., Ltd.
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP東棟6F
TEL:044-829-0067  FAX:044-829-1055